2022年01月12日

差し押さえトラブル時の任意売却のメリット

ローンを組み住宅を購入したものの、支払いが困難な状況に陥ってしまったというケースは珍しくありません。その際、住宅ローンと差し押さえにまつわる問題を抱えることとなり、マイホームの扱いに悩まされることもあります。もしもローンの支払い目途が立たないようなら、任意売却を行うという選択肢があります。

任意売却の仕組み

任意売却というのは、融資を行っている金融機関からの合意を得た上で売却をする方法で、強制的に売られてしまう競売とは違ったメリットを備えています。例えば、市場価格で売却ができるのがプラス材料であり、安くなりがちな競売と比べて高く手放すことが可能です。売却価格の予想を立てやすく、競売のようにいくらで売れそうなのかが分からないという不安も感じにくくなります。

プライバシー性が保たれるメリット

    競売にかけられた時と違い、プライバシー性が保たれるメリットもあります。もしも競売に出された場合は、ネット上でも公告されるために、近所や知り合いなどに知られてしまう可能性が否定できません。

    その点、任意売却ですと、通常の販売と同じように売りに出すことが可能ですので、支払いが困難で手放すことになったという事実を知られにくくなります。こうしたメリットもある任意売却ですが、ただデメリットもあります。専門家に相談の上で適切な判断を行う姿勢が求められます。

住宅ローン滞納・任意売却でお悩みなら私達にお任せください

任意売却でお悩みの方は株式会社Craneにお任せください。任意売却はメリットもありますがデメリットもあります。任意売却について詳しくご説明致します。お気軽にご相談ください、
住宅ローン滞納・競売・任意売却など・・
あなたのお悩みを解決します!
ページの先頭へ