2021年09月10日

久々のコラム投稿(汗)

コラム記事の投稿をサボっていた訳ではないのですが~
最近急激に任意売却のご相談件数が増加してまして、記事を書く暇がありませんでした(汗)

本日は半年前程にご相談いただいた事件がようやく解決し
午前中に不動産取引をしてまいりました!

ご相談者様は とある債権者の方からのご紹介だったのですが
酷い鬱病を患い、就業不能に陥り 住宅ローンを5年程滞納し競売寸前の方でした。
80歳を超えるお婆ちゃんの年金(月額8万円)で一家4人が生活している状況でして
最低限の生活が営めていない状況だと判断致しました。
 
日本国民は日本国憲法第25条で守られており、条文では

「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
と書かれています。
 
 
 私はすぐに行政各所と連携を取りまして、生活保護の申請をお手伝いさせて頂きました。
 
その後無事に生活保護を受ける事ができ、ご相談以前よりは 生活が楽になったようですが
滞納している住宅ローンの問題を解決を図る必要があります。
 
住宅ローン滞納している状況とはいえ、生活保護受給者は不動産などの資産を持つ事は法律で禁止されております。

その点を解消しないといけないのですが、行政各所と交渉・相談をかなりの回数を行い
ご相談者の不動産を当社で買受け、ご相談者に賃貸として住んで頂く(リースバック) を行う事で調整ができ

当社で買受けた不動産価格は債権者へ返済を行う事で 今回の事件を解決へと導きました!

今までに6社程の不動産会社へ問題解決を依頼された過去があり
ご相談者は「このままホームレスになるしかないのだろうか・・・」と随分苦しい思いをされていたとの事でした。

私は過去のご相談実績ですが、10名の方のご相談を受ければ、10通りの解決方法があると思います 
今までの事例に頼らず、常にご相談者様にとってベストな解決方法を模索しております! 


熊本市の住宅ローン滞納・競売・任意売却・リースバック・住宅ローン相談は株式会社Craneにご相談ください!  

 
 

ページの先頭へ