2022年03月13日

住宅ローンを滞納したらどうなる?売却までにすべきことを解説

退職などの収入面や体調不良など、様々な理由で毎月の返済が苦しくなってしまうリスクは、住宅ローンを支払うリスクとして避けられるものではありません。

「滞納してしまいそう」「遅れながら支払う事で精一杯」と毎月不安になっている方もいるでしょう。

この記事では、住宅ローンを滞納した場合の行動や売却までにすべきこと、注意点をお伝えしていきます。

無断で住宅ローン滞納したらどうなる?

住宅ローンを借りる際、銀行は個人の収入や勤務状況だけではなく過去の支払い歴などを「信用」することによって多額な金額を融資しています。

そのため、無断で滞納すると信頼関係を崩すきっかけになるでしょう。

実際に、滞納してから3ヵ月以内というスピードで一括返済の手紙が届く場合や、同時に競売へかけられるということもあるため注意が必要です。

無断滞納は絶対NG‼滞納する前に必ずするべきこと

「今月支払いが厳しい」「貯金の底が見えてきてしまった」という方は、前もってローンを借りている銀行に相談することをおすすめします。


なぜなら、事前に相談することで返済期日の延長や、毎月の返済額を少額にするなどのアドバイスを受けられるからです。

住宅ローンの返済額6ヵ月分以上の貯蓄が手元になくなったら、それは銀行に相談するタイミングだと言えます。

無断で滞納をしてしまうのは双方にメリットがないので絶対にやめましょう。

住宅ローンや滞納、売却はどこに相談すればいい?

銀行に相談することと並行して、今後も住宅ローンを支払っていく事が厳しい状態であればマイホームを差し押さえられる前に不動産会社や問題を解決してくれるコンサルタント会社に相談する流れが一般的です。
ここでは、上記のような専門業者に相談する場合の一般的な流れを解説します。

相談をするときの必要書類

まずは、住宅ローンの滞納で困っているマイホームがどこにある物件なのか特定するために、購入時の売買契約書などの書類があるとスムーズです。
住宅ローンの残りがいくらか、どこの銀行から借りているかの情報も必須ですので、銀行から送られてくる返済予定表も併せて用意しましょう。

どのような業者に相談すべきか

街の不動産屋さんからテレビCMで有名な大手不動産会社まで、不動産会社はコンビニの数より多いと言われています。
恐らく自宅周辺で検索してもたくさんの不動産会社がヒットするでしょう。

 

「この会社の評判はどう?」と一つひとつ調べるよりも、「この人なら任せられる」と思える営業マンに出合う事が最も重要です。

まずは複数の業者に問い合わせをして、信頼できる業者を選択するのが大切でしょう。

売却したら借金だけが残ってしまうのか?

任意売却を行った場合、仲介手数料などを引いて余った金額があればそのお金を手元に残すことも可能です。

残債と同額もしくは残債より高額で売却できないと借金だけが残ってしまいますが、自己資金等でその借金を返済できない限り、融資している銀行から売却の許可が降りないため借金だけが残るというリスクは基本的にないでしょう。

住宅ローンを滞納したまま数か月経過してしまうと、上記でもお伝えした通り差押や競売にかけられてしまうので、お金を手元に残す事よりもスピーディーに手放すことを重視しましょう。

不動産会社に買取りしてもらうことも可能

住宅ローンの残債金額を上回れば、不動産会社にマイホームを買取ってもらう選択もできます。

買取った物件を不動産会社がリフォームしてから転売するため、任意売却よりも安くなることは仕方ありません。

条件によっては、即日買取してもらえる事もあるので、銀行から差押間近な状態であればこの選択をすることをおすすめします。

住宅ローン滞納して売却したらもうマイホームは買えないの?

結論を先にお伝えすると『信用』を回復すればまた住宅ローンを組んでマイホーム暮らしをすることが可能です。早ければ5年後には購入できる可能性があります。

その時には無理のない住宅ローンの返済計画をファイナンシャルプランナーや信頼できる不動産営業マンに相談しながら組み立てていきましょう。

まとめ:住宅ローンを滞納しても任意売却や購入できるチャンスはある

タイミングさえ間違えなければマイホームを手放すことを防げる場合や、売却してから家計を建て直し『信用』を回復すればまた新しいマイホームを購入することもできます。

滞納してからでは遅くなってしまうため、「支払いが厳しいかも」と思ったら早めに行動しましょう。

お悩みの方は、熊本の任意売却・リースバックのプロである株式会社Craneまでご相談ください。

ページの先頭へ